ジャックラッセルテリアにトリミングは必要?ジャックラッセルテリアの飼い方に関する基礎知識と注意点

ジャックラッセルテリアにトリミングは必要?ジャックラッセルテリアの飼い方に関する基礎知識と注意点

ジャックラッセルテリアは、1800年代にイギリスで作出された犬種です。
もとはキツネを狩るために作られた犬種であり、キツネの巣穴に潜り込めるよう小さな体をしていますが、その運動量は大型犬並み。
今回は、そんなジャックラッセルテリアの性格や飼い方、飼う際の注意点やトリミングの必要性について解説します。

明るく活動的な性格

明るく活動的な性格

ジャックラッセルテリアは、非常に明るく活動的な性格をしています。
好奇心が強く、初めて見るもの·動くものに強く興味を示すなど、非常にアクティブな気質といえるでしょう。
高い身体能力を持っているため、アジリティーやディスクドッグなど、ドッグスポーツにも向いています

何事にもひるまず向かっている勇敢さも、ジャックラッセルテリアの大きな魅力のひとつです。
狩猟犬として活躍していた犬種は多くありますが、なかでもジャックラッセルテリアには当時の本能が強く残っています
基本的に怖いもの知らず&自己主張が激しいため、一緒に暮らしていて退屈しないタイプの犬種といえますね。

典型的なテリアキャラクター。しつけは難易度高め

典型的なテリアキャラクター。しつけは難易度高め

ジャックラッセルテリアは、テリアキャラクターと呼ばれる気質の持ち主です。
テリアキャラクターとは、明るく活動的な反面、気が強く頑固な性格を指し、自立心が高い犬に多くみられます。
テリアキャラクターを持つ犬種は警戒心や縄張り意識が強いため、非常に番犬向きの犬種といえますね。

なお、ジャックラッセルテリアは、飼い主以外の命令には従わない「ワンマンズ·ドッグ」的な側面もあります。
賢いぶん、飼い主のリーダーシップ不足にも敏感に反応するため、接し方やしつけ方次第では相当なワガママ犬になることも。
吠え癖や噛み癖など、様々なトラブルを起こさないためにも、飼い主に対する服従心はしっかりと養っておきましょう。

ジャンプ力が高いので、危ないものは閉まっておこう

ジャンプ力が高いので、危ないものは閉まっておこう

ジャックラッセルテリアは非常に運動神経が良く、高いジャンプ力を持っています。
特に若いうちはエネルギーが有り余っており、室内で飛び回ったり、走り回ったりする場面も多くみられるでしょう。
瞬発力があるため、少し目を離したすきにジャンプしてケージから脱走したり、乗ってほしくない場所に飛び乗ったりしてしまうかもしれません。
ジャックラッセルテリアの安全を守るためにも、触られたくない物や危険なものはあらかじめ引き出しに閉まっておき、テーブルなどに放置しないようにしましょう。
ジャックラッセルテリアの場合、身体が小さいからといって油断していると痛い目を見るので、念には念を、万全な対策をしておくことが大切ですよ。

散歩は毎日1時間以上を目安に

散歩は毎日1時間以上を目安に

ジャックラッセルテリアに適した散歩時間は、毎日1時間以上です。
ジャックラッセルテリアは、その小さな体からは想像もつかないほど体力があり、運動量も大型犬並み。
運動量が不足するとストレスが溜まって攻撃的になったり、問題行動がみられたりすることもあるため、注意が必要です。
雨の日など、外に出られない時は室内でできるハンターゲームなどを取り入れて、ストレスがたまりすぎないようにしましょう。

ジャックラッセルテリアのタフさを考慮した場合、散歩はただ歩いているだけでは足りません。
特に若いうちは好奇心いっぱいで体力も有り余っているため、ある程度激しい運動を取り入れると良いでしょう。
運動量が多く、かつジャックラッセルテリアが得意な運動としては、ディスクドッグ(フリスビー)などが挙げられます。
ジャックラッセルテリアがストレスなく暮らせるよう、犬種が持つ特性を十分に理解して接してあげてくださいね。

被毛のタイプによってお手入れの頻度·方法は異なる

被毛のタイプによってお手入れの頻度·方法は異なる

ジャックラッセルテリアのお手入れは、定期的なブラッシングと月に1度のシャンプーが中心です。
基本的にトリミングをする必要はありませんが、被毛のタイプによっては一部カットを行ったり、別途ケアを行います。

ジャックラッセルテリアの被毛タイプは、スムース·ラフ·ブロークンの3種類があります。
このうち最もお手入れが楽なのはスムースタイプ(短毛)で、基本的にはブラッシングとシャンプーのみで構いません。
ただし、他の2タイプに比べて細かい毛がよく抜けるため、ブラッシングは週に1回程度行いましょう。

ラフタイプとブロークンタイプは毛玉対策のため、スムースよりも頻繁なブラッシングが必要です。
また、ストリッピング(プラッキングともいう)と呼ばれる、死毛を抜く作業を行うことで、被毛にツヤを出します。
ストリッピングはテリアらしい、固い被毛を保つために必要なケアであるため、こまめに行うと良いでしょう。

ストリッピングの方法は2種類ある

ストリッピングの方法は2種類ある

ストリッピングの方法には、大きく分けて2つの種類があります。
1つは、親指と人差し指で死毛を抜く「フィンガーストリッピング」で、誰でも簡単にできます。
2つ目は、ストリッピング専用のナイフを利用して抜く方法ですが、こちらはある程度コツが必要といえます。
被毛の状態や使い方によっては、被毛がごっそり抜けてしまったり、皮膚を傷つけたりすることがあるため、注意しましょう。

ナイフを使ったストリッピングの方法

  • ・ストリッピングしたい場所より少し上の皮膚を、利き手と反対の手で軽く引っ張る
  • ・利き手でナイフを持ち、少量の毛先をつかんで毛の流れに沿ってナイフを動かし、死毛を抜く

可愛く、頼もしい犬種「ジャックラッセルテリア」

可愛く、頼もしい犬種「ジャックラッセルテリア」

ジャックラッセルテリアは明るく活動的な性格で、多くの魅力を持った犬種です。
ただし、そのパワフルさと典型的なテリアキャラクターであることから、けっして初心者向きではありません
見た目こそ小さくて可愛らしいジャックラッセルテリアですが「一緒に暮らしてみたら大変だった!」という声もしばしば。
まずは犬種の特徴をしっかりと理解し、ご自身の家庭環境に合っているのか、十分に確認することをおすすめします。

この記事と関連のある犬種