ポメラニアンにトリミングは必要?ポメラニアンの飼い方に関する基礎知識と注意点

ポメラニアンにトリミングは必要?ポメラニアンの飼い方に関する基礎知識と注意点

ポメラニアンは、ふわふわの見た目と愛嬌たっぷりの表情が魅力的な犬種です。
飼いやすい犬として紹介されることも多い犬種ですが、どのように飼育すればよいのでしょうか?
今回は、ポメラニアンの性格や特徴、飼い方のポイントや注意点について解説します。

活発で遊び好き、気が強く繊細な一面も

活発で遊び好き、気が強く繊細な一面も

ポメラニアンの性格は活発で遊び好き、他犬にもフレンドリー。
人に高い忠誠心を持つことができますが、元ソリ犬ゆえに気が強く、繊細な一面もあわせ持っています。
好奇心旺盛な反面、注意深いところもあるなど、様々な気質を持った犬種といえるでしょう。

なお、可愛い見た目からは想像できませんが、番犬としても優秀です。
怪しい人に対してはキャンキャンと甲高い声で威嚇し、侵入者の存在を飼い主さんに知らせてくれますよ。
ポメラニアンは体こそ小さいですが、大型犬にも負けないほどタフな心を持った犬種です。

吠え癖のしつけを徹底しよう

吠え癖のしつけを徹底しよう

ポメラニアンは刺激への反応性が高く、犬のなかでも吠えやすい犬種です。
そのため、きちんとしつけをしておかないと、ワガママな性格になってしまう可能性があります。
いったん吠え癖が付くと直すのは大変なので、子犬の頃から様々な刺激に慣れさせておいてください。

ちなみに、ポメラニアンが特に反応しやすいのは、インターフォンや掃除機の音です。
どんな犬もそうですが、特定の刺激に対して吠える癖は、放っておくと徐々に悪化していきます
ぜひ適切なトレーニングを行って、愛犬が落ち着いて生活できるようにしてあげましょう。

甘えん坊ゆえに、分離不安症にも注意が必要です

甘えん坊ゆえに、分離不安症にも注意が必要です

ポメラニアンのように人が好きな犬種は、分離不安症にならないよう注意が必要です。
分離不安症とは、飼い主の不在によって極度の不安症状がみられる、精神障害のことです。
分離不安症の主な症状は、飼い主の留守中に吠え続ける、家具の破壊、粗相を繰り返すなどが挙げられます。
場合によっては、嘔吐や下痢などの消化器症状や、自傷行為がみられることもあるでしょう。

分離不安症の犬は、不安によって自身の行動をコントロールできない状態です。
可愛いからといって過度に甘やかしてしまうと、犬はいつまでたっても自立できません
依存心が強い犬種ほど分離不安症になりやすいため、甘やかしすぎには注意してくださいね。

お散歩は毎日20~30分程度を目安に

お散歩は毎日20~30分程度を目安に

ポメラニアンは活発な犬種ですが、必要な運動量はそれほど多くありません
手足の骨格が細いため、場合によってはあまり長時間歩かせると関節に負担がかかります。
散歩は気持ちのリフレッシュ目的で、毎日20~30分程度を目安に連れていってあげるとよいでしょう。

なお、ポメラニアンは、保温性に優れた豊かなダブルコートの被毛を持っています。
暑い時期は熱中症を起こしやすいため、夏場の散歩はできるだけ涼しい時間帯に行ってください。

※太陽に照り付けられて高温になったアスファルトは、犬が足裏をヤケドする原因になります。
夏場は必ず地面の温度を確かめてから散歩に出るなど、夜であっても油断しないようにしましょう。

膝蓋骨脱臼など、関節トラブルに注意

膝蓋骨脱臼など、関節トラブルに注意

ポメラニアンは、膝蓋骨脱臼などの関節トラブルを起こしやすい傾向があります。
そのため、フローリングを走ったり、高い場所から飛び降りたりさせないようにすること。
脱臼の程度は様々ですが、場合によっては手術が必要になることもあるため、十分注意しましょう。

そのほか、主な関節トラブルとしては、レッグペルテスや肘関節形成不全などがあります。
もし愛犬の様子がおかしいと感じた場合には、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

ポメラニアンはこまめなお手入れが必須!

ポメラニアンはこまめなお手入れが必須!

ポメラニアンの美しい被毛を維持するためには、こまめなお手入れが欠かせません。
ダブルコートの被毛には1日1回~少なくとも週に2回程度、念入りにブラシをかけてあげましょう。
抜け毛を放っておくと皮膚の通気性が悪くなるため、皮膚トラブルを起こす原因になります。
ピンの先が丸いブラシやコームを使って、優しく梳かしてあげてくださいね。

また、自宅でのブラッシングのほか、トリミングサロンでのお手入れも必要です。
足裏の毛が伸びていると滑って危険なので、こまめにサロンでカットしてもらうとよいでしょう。
その際、目回りの毛も一緒にカットしてもらうと、涙やけが目立ちにくくなりますよ。

※全身カットは必ずしも必要ありませんが、ポメラニアンは様々なカットスタイルを楽しめる犬種です。
夏場など暑い時期は、お腹や脇の下をすっきりカットすると、体に熱がこもりにくくなります。

ポメラニアンには魅力がいっぱい。正しい飼い方で幸せな毎日を

ポメラニアンには魅力がいっぱい。正しい飼い方で幸せな毎日を

ふわふわで愛らしいシルエットのポメラニアン。
性格は見た目通り、明るく好奇心旺盛で、遊び好きな可愛い犬種です。
飼い主さんへの忠誠心も高く、家族の一員として一緒に暮らすのが楽しい犬といえるでしょう。

元ソリ犬らしく気が強い面もありますが、それもポメラニアンの魅力のひとつ。
ぜひポメラニアンの飼い方について勉強し、愛犬との生活を楽しんでみてはいかがでしょうか?
愛らしく、可愛いポメラニアンとの楽しい生活を応援しています。

この記事と関連のある犬種