歯を清潔に保つために。自宅でできる愛犬の歯磨き方法とコツまとめ!

歯を清潔に保つために。自宅でできる愛犬の歯磨き方法とコツまとめ!

犬の歯磨きは、できれば毎日行うのがベスト。
歯周病やひどい口臭を防ぐためには、日常的な歯磨きが欠かせません。
とはいえ、ほとんどの犬は口の中を触られることに抵抗するため、歯磨きも一苦労ですよね…。
ここでは、愛犬にできるだけストレスのかからない歯磨きのポイントと注意点についてご紹介していきます。
歯磨きが上手くいかないと悩んでいるなら、ぜひチェックしてみてくださいね!

犬の歯垢は約2日で落ちなくなる

犬の歯垢は約2日で落ちなくなる

そもそも、なぜ犬の歯磨きは毎日やる必要があるのでしょうか?
私たち人間もそうですが、犬の口の中というのは思った以上に食べ物のカスで汚れています。
食べ物のカスは口腔内に存在する様々な細菌のエサになり、歯垢として歯と歯の間につまったり、歯茎にべっとりとくっ付いたり。
この歯垢は歯磨きをすることで簡単に落とすことが出来ますが、2~3日ほどで歯垢は石のように硬い「歯石」へと変化します。
付着した歯石を取るためには動物病院での特別な処置が必要で、自宅での歯磨きではとうてい落とすことができません。

歯ブラシは動物用、もしくはこども用を使って

歯ブラシは動物用、もしくはこども用を使って

飼い主さんのなかには、人間用の歯ブラシを使って愛犬の歯磨きをしている人もいます。
しかし、大人用の歯ブラシはヘッドが大きく、かつブラシ部分が硬いため、慣れないうちは使いにくいでしょう。
動物用の歯ブラシは口の中に入れやすいような形状をしていたり、口当たりが柔らかくなるよう工夫されているものが多くあります。
ネック部分に力を加えることで自由に形を変えられる商品も売られており、人間用に比べて圧倒的に磨きやすくなっています。
チキンなど味付きの歯磨きペーストを塗ってから使えば、犬が歯ブラシに良いイメージを持ちやすくなります。

市販のガーゼは犬の歯茎を傷つけるのでNG

市販のガーゼは犬の歯茎を傷つけるのでNG

よく歯ブラシを使う前の工程として、「ガーゼを指に巻きつけてこする」というものがありますが、コレはNG。
自分で使ってみるとよく分かりますが、ドラッグストアなどで購入できる市販のガーゼはキメがとても粗いのです。
そのため、「歯磨きに慣らすため」と思って一生懸命こすったりすると、逆に犬の口腔内を傷つけてしまう可能性があります。
一度でも痛い思いをさせてしまうと犬は口を触られることに抵抗を感じるため、次回から歯磨きを嫌がるようになります。

ただし、ガーゼと名前が付いている商品でも「犬の歯磨き専用」として売られているものであれば問題はありません。
ガーゼを使って愛犬の歯磨きをする時は、必ず犬の歯磨き専用のものを選ぶようにしましょう。

無理に口を開けて磨かなくても大丈夫

無理に口を開けて磨かなくても大丈夫

歯磨きというと「しっかり奥まで磨かなくてはいけない!」と思いがち。
ですが歯磨きに慣れていないうちは、無理に犬の口を開けて磨こうとする必要はありません。
愛犬が口を閉じた状態で落ち着いていられるなら、まずは両サイドの歯の外側から磨いていくようにしましょう。
フレンチブルドッグや大型犬など唇がたるんでいる犬種は、空いているほうの手で引き上げたり、下げたりすると磨きやすくなります。
思わぬトラブルを防ぐためにも、無理やり口を開けて奥まで歯ブラシを突っ込む、なんてことはしないでくださいね。

歯磨きの後は必ずごほうびをあげよう

歯磨きの後は必ずごほうびをあげよう

歯磨きが終わったら、必ず頑張ったごほうびをあげましょう。
ごほうびは飼い主さんの褒め言葉や愛犬の好きなおもちゃ、デンタルケア用のおやつなど何でもOK。
おやつは目につくところに置いておくと気が散ってしまうため一旦どこかに閉まっておき、終わり次第すぐに与えてください。
ただし、犬が途中で嫌がって逃げた時は「歯磨きをもう一度やり直すフリをしてから、ごほうびを与えるようにする」のがポイント。
逃げてもごほうびがもらえると犬に学習させないように、最後は飼い主さんのタイミングで開放するようにしましょう。

ごほうびだけで犬を歯磨き好きにすることは難しいですが、「まぁ短い間なら我慢しよう…」と思わせることが大切です。

どうしても歯磨きが苦手なら・・・

どうしても歯磨きが苦手なら・・・

ここまで、できるだけ犬にストレスをかけない歯磨き方法についてご紹介してきました。
犬の歯磨きは日常ケアのなかでも難易度が高い項目ですが、気長に取り組むことでコツが分かってきます。
とはいえ、犬の性格によっては、「口周りを触ると噛みついてきて歯磨きどころではない!」という場合もあるでしょう。
若いうちならしつけし直すことで改善することもありますが、シニア犬ともなると頑固なので難しいかもしれません。

どうしても歯磨きが苦手なら、デンタルガムやデンタルトイ、水に入れるだけで口臭対策ができる液体歯磨きなどを活用しましょう。
メーカーによっては歯垢や歯石が付きにくいドッグフードも売られているため、愛犬に合ったものを選んであげてくださいね。