愛犬にも旬の食材を!犬が食べて良いものと食べてはいけないもの【夏の果物・野菜編】

愛犬にも旬の食材を!犬が食べて良いものと食べてはいけないもの【夏の果物・野菜編】

旬の果物や野菜は、植物自体が育ちやすい気候で元気いっぱいに育つため、とても栄養価が高く、積極的に犬の食事に取り入れたい食材です。
夏の果物は、夏の体に特に必要となる、水分、ビタミンやミネラルなどの栄養素がたっぷり詰まっています。
一方、夏の野菜にも、水分やビタミン類が多く含まれており、暑い季節の犬の体を冷やしてくれる働きと、乱れやすい胃腸をケアしてくれる働きがあるものが多くあります。
夏の果物や野菜の中でも、犬に与えるときに「生のまま食べられるもの」、「加熱しなくてはいけないもの」、「与えてはいけないもの」など様々ですので、しっかりとした知識をもって、夏の果物や野菜で、暑い夏を犬が健康的に過ごせるようにしましょう。

生のままでも食べられる夏の旬野菜

まずは生のままでも食べられる野菜をご紹介致します。
野菜の多くは犬が生の状態で食べることによって、調理する際に壊れてしまう栄養素を壊すことなく、そのまま体内に入れることができます。
野菜の栄養素を最大限に活用できるので、愛犬の食事に是非取り入れたい食材です。

・トマト

トマト

抗酸化作用がある「リコピン」が豊富に含まれています。
「リコピン」は犬の生活習慣病にも効果的です。
その他、血液をきれいにする働きや、老化の原因や病気の素となる活性酸素を除去する働きがあるので、トマトは積極的に与えたい夏野菜の1つです。
生でも与えることができますが、トマトは加熱したり、加熱の際にオリーブオイルなどの油分を加えることで、栄養素がより効率的に摂取できます。
トマトを選ぶ際は、必ず完熟したものを選びましょう。
青いトマトには、犬にとって有害な「トマチン」という成分が含まれています。
また、トマトのヘタはきれいに取り除きましょう。
ヘタには、「ソラニン」という中毒症状を起こしうる成分が含まれていますので注意してください。

・おくら

おくら

おくらには「ムチン」という胃腸の健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。
「ムチン」の滋養強壮作用は、暑い夏を健康に過ごす最適の夏野菜です。
その他にも「カロテン」「葉酸」「ビタミンC」「マグネシウム」「鉄分」などがバランスよく配合されています。

・きゅうり

きゅうり

きゅうりは約95%程度が水分でできていると言われており、暑い夏の水分補給に最適な野菜です。
利尿作用を促進させ、犬の体内にある毒素を効率的に排出させる効果も期待できる万能野菜です。
水分量が非常に多いため、与えすぎると下痢を引き起こす要因となるのでその点は注意しましょう。

・みょうが

みょうが

みょうがは「葉酸」をはじめ、「カリウム」「ビタミンB1」「ビタミンB2」などを含んでいます。
みょうがの栄養素の中でも「αピネン」という栄養素は特殊で、神経の興奮を鎮めたり、ストレス緩和する効果が期待できます。
他にも、犬の消化吸収を助ける効果が期待でき、夏の乱れがちな胃腸ケアや夏バテ予防に効果的な野菜です。
ただし、ごく少量ですが玉ねぎ中毒を引き起こす成分が含まれているので、与える際は過剰に与えないように注意が必要です。

加熱しなければならない夏の旬野菜

野菜によっては愛犬に与える際に「加熱しなくてはいけない野菜」があります。
加熱することによって、犬にとって害となる要素を取り除いたり、消化吸収をしやすい状態にするべき野菜です。
少量ではありますが、加熱することで特定の栄養価が上がる野菜もありますので、その点も注意しておきましょう。

・ピーマン

ピーマン

「βカロテン」と「葉緑素」を多く含むので、疲れやすい夏の犬の体の疲労回復が期待できます。
その他にも毛細血管を強くする働きが期待できます。
ピーマンにはに含まれる「βカロテン」は、通常犬の体に良いとされる栄養素の1つですが、過剰摂取した場合は肝臓に蓄積してしまうので、与えすぎに注意が必要です。

・えだまめ

えだまめ

大豆と野菜の2つの機能を持った万能夏野菜です。
ビタミン・ミネラル・タンパク質がバランスよく配合されており、犬の夏バテ予防に効果的な夏野菜の1つです。
ただし、えだまめは犬にとって消化しにくいため、加熱して細かく刻むかペースト状にして与えるようにしましょう。

・ゴーヤ

ゴーヤ

ゴーヤは「ビタミンC」が豊富に含まれている夏野菜です。
ビタミンCは、免疫力を上げる最高の栄養素ですので、夏は特に積極的に与えたいですね。
ただし、犬は元々体内でビタミンCを合成できるので、過剰に与える必要はありません。
また、愛犬にゴーヤを与える際は種をしっかりと取り除いて与えましょう。

・そらまめ

そらまめ

「タンパク質」をはじめ、「炭水化物」「カリウム」「鉄」などがバランスよく配合されています。
「ビタミン」についても、B1、B2、Cが含まれています。
そらまめは、夏が苦手な犬の疲労回復や、皮膚の健康に役立つ栄養素がたくさん含まれているので、積極的に与えたい野菜の1つです。
消化しにくい野菜ですので、加熱して細かく刻むかペースト状にして与えましょう。

・モロヘイヤ

モロヘイヤ

栄養価が非常に優れている夏野菜の1つです。
「βカロテン」が豊富に含まれていますが、ピーマン同様、過剰摂取した場合は肝臓に蓄積してしまうので与えすぎに注意が必要です。

・トウモロコシ

トウモロコシ

トウモロコシは「タンパク質」と「糖質」が主要成分です。
他の野菜より高カロリーですので、夏に食欲が落ちたときに活躍する野菜です。
また、トウモロコシも消化しにくい野菜ですので、細かく刻むかペースト状にして与えましょう。

・さやいんげん

さやいんげん

「βカロテン」「ビタミン」「ミネラル」が豊富に含まれています。
ピーマンやモロヘイヤ同様、過剰摂取した場合は肝臓に蓄積してしまうので与えすぎに注意が必要です。

・なす

なす

なすは抗酸化作用が期待できる「ナスニン」という成分が多く入っている食材で、活性酸素の除去に働きかけます。
がんを中心に病気の予防に役立つ食材でもあり、中でも「アントシアニン」という栄養成分は、がん予防に最適であると言われています。
ただし、消化しにくい野菜の一つですので、与える際は加熱して細かく刻んで与えるようにしましょう。

犬に与えてはいけない夏の食材

人間にとっては栄養たっぷりの良い食材でも、犬にとっては体に害を及ぼす夏の食材もあります。
犬に与えると、中毒症状を招いたり、最悪の場合はショック状態になってしまう危険な食材もありますので、十分に注意しましょう。

・らっきょう

らっきょう

「有機チオ硫酸化物」という犬に危険な中毒成分が含まれており、溶血性貧血引き起こす要因となるので与えないようにしましょう。
大量に与えてしまった場合は、高カリウム血症になりうる危険な食材です。

・ぶどう

ぶどう

急性腎不全や腎不全になる恐れのある危険な食材です。
ぶどう内のどの成分が原因なのかは未だに判明していませんが、犬に大量に与えると中毒症状を引き起こしますので、与えないようにしましょう。

・にんにく

にんにく

にんにくは基本的にどの部分であっても与えないほうが良いのですが、特ににんにくの芽には注意が必要です。
たまねぎ同様、にんにくの芽には「有機チオ硫酸化合物」という成分が含まれおり、貧血や溶血の原因となります。
少量であれば犬の体に良い、という専門家も少なからずいますが、中毒症状が確認されている以上は与えないようにしましょう。

・トマトのヘタ

トマトのヘタ

夏が旬のトマトは非常に栄養価が高く、熟した赤いトマトであれば、生で与えても問題ありません。
しかし、トマトのヘタには注意が必要です。
ヘタには「ソラニン」という中毒症状を起こしうる成分が含まれていますので、トマトを与える際にはしっかりと取り除きましょう。

・なすのヘタ

なすのヘタ

なすのヘタもトマトのヘタ同様に、「ソラニン」という中毒症状を起こしうる成分が含まれていますので、なすを与える際は、しっかりとヘタを取り除きましょう。

・とうがらし

とうがらし

青唐辛子や葉唐辛子は夏が旬の食材ですが、犬には刺激が強く胃腸に負担がかかるので避けましょう。
犬が消化吸収をする際にも、肝臓や腎臓への負担があることが確認されています。

ビタミン豊富な夏が旬の果物

夏の果物はビタミンの宝庫です。
ビタミンは犬にとっても大切な栄養素であり、中には犬が体内で合成できるビタミンもありますが、足りないと欠乏症を起こすビタミンもあります。
ビタミンは犬の体の機能を維持したり、代謝の過程を円滑にする機能がありますので、過剰摂取にならないように注意しながら、適度なビタミンの補給させてあげましょう。
ここでは、そんなビタミン豊富な夏が旬の果物の代表的な食材を取り上げます。

・なつみかん

なつみかん

みかん全般に言えることですが、夏みかんにもビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは、病気の予防や老化の防止、夏の疲労回復に良い栄養素です。
与える際は、水分が多いので、下痢にならないように適量を与えましょう。

・マンゴー

マンゴー

カロテン、ビタミンE、ビタミンCが豊富に含まれています。
暑い時期の夏バテ防止や熱中症の対策におすすめの食材ですが、水分量が多いため、与えすぎに注意は必要です。
また、愛犬に与える際は、皮や種をしっかりと取り除いて与えるようにしましょう。

・桃

桃

ビタミンCとビタミンEが豊富に含まれています。
ビタミンCは、病気の予防や老化の防止、夏の疲労回復に役立ちます。
ビタミンEは、抗酸化作用の働きで、老化防止に加えて犬の生活習慣病の予防にも役立ちます。
桃にはビタミン以外にも、クエン酸やカリウムも豊富に含まれています。
ただし、種には毒性があるので、必ず取り除いてから与えましょう。

・スイカ

スイカ

犬の体内でビタミンAに変化される「カロテン」が豊富に含まれており、抗酸化作用が期待できます。
その他にもスイカにはビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれています。
水分量が多く、利尿作用も強いので与えすぎないように注意しましょう。

愛犬の食事にも旬の食材を取り入れよう

愛犬の食事にも旬の食材を取り入れよう

夏の食材には、夏の犬の体に必要なビタミン類や水分が豊富に含まれています。
夏の食材の力で、犬の体を冷やしてくれたり、胃腸を整えてくれる栄養素が豊富に含まれており、夏バテ防止にも役立つ食材ばかりです。
水分量が多く含まれている食材が多いので、与えすぎに注意しながら、愛犬の健康のために役立てたいですね。