犬のしっぽは感情表現!しっぽの動きから読み解く愛犬の気持ち

犬のしっぽは感情表現!しっぽの動きから読み解く愛犬の気持ち

「犬がしっぽを振るのは嬉しい時」とよくいいます。ですが、実は犬がしっぽを振る理由はそれだけではありません。
しっぽの動きをよく観察し、愛犬の本当の気持ちを読み取ってみましょう。
今回は、しっぽの動きから分かる犬の気持ちについて紹介します。

犬のしっぽは感情を伝えるための伝達ツール

犬のしっぽは感情を伝えるための伝達ツール

体のバランスをとったり、丸くなって体を温めたりする時など、様々な場面で役に立つ犬のしっぽ。
そんなしっぽの役割のなかで、特に重要な役割を果たしているのが「自分の感情を周りに知らせる」という機能です。
犬は私たち人間のように言葉でコミュニケーションを取ることができないかわりに、しっぽの動きで感情を表現しているのです。
そのため、スクリューテイルやボブテイル等もともとしっぽが短い犬種は、犬同士のトラブルが起きやすいといわれています。
しっぽが短いと相手に自分の感情が伝わりにくいため、上手にコミュニケーションを取りづらいのかもしれませんね。

犬がしっぽを振るのは「嬉しい時」だけではない

犬がしっぽを振るのは「嬉しい時」だけではない

犬のしっぽの振り方には多くのバリエーションがあり、振り方によって違った感情があります。
そのため、よく言われているような「犬がしっぽを振る時は嬉しい」という考え方は適切ではありません。
散歩中に出会った犬がしっぽを振っていたからといって不用意に近づくと、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。
しっぽを振っている犬が必ずしもポジティブな感情を持っているとは限らないので、注意してくださいね。

【しっぽの動きと犬の感情】

しっぽを左右へ激しく振る 嬉しい・わくわくする・腹がたつ・威嚇etc
しっぽを左右へゆっくりと振る 嬉しい・好奇心・不安がある・調子がよくないetc
腰を落としてしっぽを床に沿って振る 尊敬・愛情・敬意・信頼しているetc

しっぽを振るスピード=現在の興奮度

しっぽを振るスピード=現在の興奮度

犬の興奮度を確認するには、しっぽを振るスピードに注目しましょう。
一般的に、犬のしっぽは興奮するほど激しく振られる傾向があり、穏やかな気持ちの時はゆっくり振られます。
飼い主さんの帰宅に飛びついたり、足元にまとわりついたりして喜ぶ犬のしっぽは、ぶんぶん音がするほど左右に揺れていますよね。
対して、愛犬が落ち着いている時にそっと撫でたり、褒め言葉をかけてあげたりした時には、しっぽはゆっくり動くのです。

ちなみに、恐怖や怒りを抱えている犬は精神が興奮状態にあるため、噛みつく前になるとしっぽを振るスピードが速くなります。
犬の気持ちを正確に読み取るには、唸り声をあげていないか、耳を後ろに倒していないか、など他の動きも合わせてチェックすることが大切です。

しっぽの位置は犬の精神状態を表している

しっぽの位置は犬の精神状態を表している

しっぽの位置を見ることで、犬がどのような精神状態にあるかを確認することもできます。
しっぽが高い位置にある時、低い位置にある時、水平にある時の犬の感情について、みていきましょう。

しっぽの位置が高い時

犬にとってお尻は急所であるため、本来は隠しておきたい場所です。
自分の優位性を相手に伝えたり、感情が高ぶったりした場合に、犬はしっぽを高く上げます。

しっぽをピンと直立させる 自信がある・自分は偉いと訴えている
しっぽを高く上げ、やや体側に反っている 怒っている・攻撃しようとしている

しっぽの位置が低い時

犬がしっぽを垂らしている時は、基本的にネガティブな感情を持っている時です。
恐怖や不安を感じている時は少しでも自分を小さくみせようとする心理が働くため、しっぽの位置が低くなります。

しっぽが垂れ、やや腰を落としている 不安・緊張
しっぽが後ろ足の間に巻き込まれている 怖い・逃げたい
しっぽが垂れ、後ろ足の近くで揺れている 体調が悪い・ストレス

しっぽの位置が水平にある時

気持ちがどっちつかずでハッキリしない時に、犬はしっぽを水平にします。
相手に対する気持ちが定まると、犬のしっぽは高く上がるか、反対に下へ下がります。

しっぽをピンと水平にする やや警戒・好奇心
しっぽを水平にして、ゆっくり振る 観察中・不安

犬がしっぽを振っている方向は右?それとも左?

犬がしっぽを振っている方向は右?それとも左?

しっぽを右に振っている時と左に振っている時でも、愛犬の気持ちは違ってきます。
イタリアの研究によると「左脳と右脳、どちらが活性化しているかによって犬のしっぽの動きが変わる」ことが分かりました。
楽しいや嬉しいなどといったポジティブな感情は左脳を活性化させ、反対に恐怖や不安などネガティブな感情は右脳を活性化させます。
つまり、犬がしっぽを振っている方向をみれば、犬の気持ちのポジティブ・ネガティブについて詳しく知ることができるというワケですね。
脳の左右と体の動きは反対に働くため、左脳が活性化している時は右側に、右脳が活性化している時は左側に犬のしっぽは振られます。
しっぽの動きをよく観察し、愛犬の気持ちをより正確に読み取れるようになれるといいですね。