フレンチブルドッグがかかりやすい7つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

フレンチブルドッグがかかりやすい7つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

四角い顔につぶれた鼻がチャームポイントのフレンチブルドッグ。
そんなフレンチブルドッグは人懐っこく優しい性格で、短頭種のなかでも人気が高い犬種です。
ここではフレンチブルドッグがかかりやすい病気と症状、一般的な治療法と治療にかかる費用について紹介します。
病気の進行具合や動物病院によって治療費は変わりますが、大体の相場感を知っておきましょう。

短頭種に多い先天性疾患「鼻腔狭窄症」

短頭種に多い先天性疾患「鼻腔狭窄症」

生まれつき鼻の中(鼻腔)が狭いために呼吸が十分にできず、いびきをかいたり、呼吸困難を起こしたりする病気です。
この病気はフレンチブルドッグをはじめとする短頭種に多く発症しますが、かなり悪化するまで気づかれにくいのが特徴です。
短頭種は顔の構造上もともと呼吸が荒い犬種であるため、飼い主さんも愛犬の異変に気付くまで時間がかかるのですね。
鼻腔狭窄症になると、少しの運動でガーガーと息が上がってしまったり、暑くもないのにハァハァと呼吸が荒くなるようになります。
治療はレーザーによる外科手術が一般的ですが、若いうちに治療すれば96%以上の確率で症状の改善が期待できます。

治療費の相場は手術費・入院費で6~15万円ほど、抗生剤など術後の投薬が1000~2000円ほどです。

食後の吐き戻しが特徴的な「軟口蓋過長症」

食後の吐き戻しが特徴的な「軟口蓋過長症」

生まれつき軟口蓋(上あごの奥にある柔らかい部分)が長いために、空気の通り道が狭くなってしまう病気です。
軟口蓋過長症の症状は、寝ている時によくいびきをかく、少しの運動で息が上がる、食事中によくむせてフードを吐き出してしまうなど。
食事中にむせる理由は「通常よりも軟口蓋が長く分厚いことで、フードと一緒に軟口蓋が気道に侵入しやすいため」です。
フレンチブルドッグが食事中に「ガァッ」と大きな音を出したり、吐き戻しが多い場合は、軟口蓋過長症を疑ったほうがよいかもしれません。
軟口蓋過長症の治療はレーザーによる外科手術が一般的で、若いうちに処置をすれば96%症状が改善するといわれています。

治療費の相場は手術費・入院費で5~10万円ほどで、抗生剤など術後の投薬が1000~2000円ほどです。

親からの遺伝が多い「眼瞼内反症」

親からの遺伝が多い「眼瞼内反症」

まぶたのフチが内側にめくれてしまう病気で、まぶた周りの毛が眼球に触れることで炎症を引き起こします。
症状としては、まばたきの回数が多くなる、目をしょぼしょぼさせている、涙や目ヤニが増える、目を気にして掻いているなど。
また、まぶた周りの毛と眼球が常に接触していることで、角膜に傷がついたり、まぶたがぴくぴくと痙攣を起こしたりすることもあります。
治療は眼球に接触している毛を抜く、医療用のボンドで内反を矯正するなど様々な方法がありますが、重症度によっては外科手術を検討することも。

目回りの処置は術後管理に時間がかかるため、手術費・入院費で15~20万円ほどの治療費がかかることが多いです。

ブドウ球菌が原因で起こる「膿皮症」

ブドウ球菌が原因で起こる「膿皮症」

免疫力の低下などが原因でブドウ球菌などの細菌が異常繁殖し、脱毛や湿疹、皮膚のべたつきなどがみられる病気です。
フレンチブルドッグは生まれつき皮脂腺が大きく、かつ皮膚がデリケートなため、膿皮症をはじめとする皮膚病にかかりやすい犬種です。
膿皮症は手足や口回り、首、耳やワキの下など皮脂が多い部分に症状が出やすく、飲み薬や塗り薬、薬用シャンプーによる薬浴が必要です。

治療費の相場は、抗生剤や消炎剤などの飲み薬と塗り薬で2000円前後、薬用シャンプー代が2000~3000円ほどかかります。
診断のために皮膚を検査したり、患部の毛刈りなど処置を行ったりした場合は、3000~5000円ほど追加されるのが一般的でしょう。

夏場は要注意!「熱中症」

夏場は要注意!「熱中症」

高温多湿の場所に長時間いることで、様々な症状があらわれる病気です。
フレンチブルドッグのような短頭種は呼吸によって体温を下げるのが苦手であり、熱中症にかかりやすい犬種といえます。
よだれが多い、ぐったりと元気がない、ハァハァと荒い呼吸をしているなどの症状が夏場にみられたら、すぐに動物病院を受診しましょう。
動物病院では犬の体温を下げる処置をはじめ、脱水によるショック状態を防ぐための輸液治療などが行われます。

治療費の相場は、各処置代で5000~1万円ほどですが、重症の場合はそのまま2~3日入院して状態を管理する必要があります。
入院中に血液検査などを行った場合は、検査代と入院費で2万円ほど治療費が追加になることが多いでしょう。

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザのお皿である膝蓋骨が何らかの原因で外れてしまう病気で、小型犬に多く発症します。
主な発症原因は、ソファなど高いところから飛び降りたり、膝蓋骨のはまっている溝が生まれつき浅かったりすること。
この病気はヒザに痛みや違和感を伴うため、犬は痛いほうの足をあげて生活し、あまり歩きたがらなくなります。
軽度であれば自然にはまることもありますが、一度発症するとその後何度も繰り返し起こることが多いため要注意。
主な治療法としては、関節を強化するサプリメントの服用、あるいは骨や溝を削る外科的治療が一般的です。

外科手術を行う場合の治療費相場は、手術費・入院費で片足10~40万円ほどです。

発症原因は様々「白内障」

発症原因は様々「白内障」

何らかの理由で目の奥にある水晶体が濁ってしまい、視力が低下する病気です。
原因は老化や糖尿病、ケガや他疾患の合併症など様々で、生まれつき白内障になりやすい遺伝子を持っている場合もあります。
発症しても痛みはありませんが、進行すればするほど視野が狭くなるため、壁や障害物にぶつかりやすくなるなどの症状が現れます。
一般的な治療法は、症状の進行を抑えるための点眼ですが、年齢や進行度によっては人工の水晶体を移植する外科手術を行うことも。

診察・検査費に1万円前後、点眼薬代として月に5000~8000円、外科手術を行う場合は20~25万円が治療費の相場です。