柴犬がかかりやすい7つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

柴犬がかかりやすい7つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

日本の代表犬種である柴犬は、ピンと立った耳とクルンと巻いたしっぽが魅力的。
飼い主にはとても従順でよく懐くため、トイプードルやチワワなどの洋犬にも負けないほどの人気があります。
ここでは、そんな柴犬がかかりやすい病気と症状、一般的な治療法と治療費について説明します。
病気の進行具合や動物病院によって治療費は異なりますが、大体の相場感を知るために役立ててください。

圧倒的に柴犬の発症率が高い「アトピー性皮膚炎」

圧倒的に柴犬の発症率が高い「アトピー性皮膚炎」

花粉やハウスダスト、ダニなどが原因で起こる皮膚炎で、柴犬の発症率がかなり高い病気です。
柴犬は生まれつき皮膚バリアが弱い犬種であり、かつアレルギー体質の犬が多いということが要因でしょう。
アトピー性皮膚炎の犬には皮膚に赤みや湿疹がみられ、目や口の周り、耳や手足の付け根に痒みが生じます。
主な治療法としては、アトピーの原因である物質を避ける、弱った皮膚バリアを保湿などで回復させるなどが挙げられます。

治療費としては、原因特定のための各種検査代として1~2万円、薬用シャンプーや薬代として月に2万円ほど。
完治が難しい病気のため、1度発症したら長く付き合っていく必要がある病気といえます。

老犬になったら注意「認知症(認知機能不全症候群)」

老犬になったら注意「認知症(認知機能不全症候群)」

何らかの原因で脳の働きが低下し、脳の認知機能が徐々に低下していく病気です。
すべての犬が発症する可能性のある病気ですが、なかでも柴犬は老犬時の認知症リスクが高い犬種。
主な症状としては、昼夜逆転の生活や排泄の失敗、夜鳴きや攻撃行動など、日常生活に支障をきたす行動があります。
飼い主のことが分からなくなる、同じところをグルグル回るなどの行動は、認知症特有のものといってよいでしょう。
確定的な治療法はありませんが、一般的には脳の認知機能に改善効果が期待できるサプリメントや内服薬が処方されます。

治療費は診察・検査費に3000~5000円ほど、サプリメントや内服薬代として月に5000円前後かかることが多いです。

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザのお皿である膝蓋骨が何らかの原因で外れてしまう病気で、小型犬に多く発症します。
主な発症原因は、ソファなど高いところから飛び降りたり、膝蓋骨のはまっている溝が生まれつき浅いこと。
この病気はヒザに痛みや違和感を伴うため、犬は痛いほうの足をあげて生活し、あまり歩きたがらなくなります。
軽度であれば自然にはまることもありますが、一度発症するとその後何度も繰り返し起こることが多いため要注意。
主な治療法としては、関節を強化するサプリメントの服用、あるいは骨や溝を削る外科的治療が一般的です。

外科手術を行う場合の治療費相場は、手術費・入院費で片足10~40万円ほどです。

発症原因は様々「白内障」

発症原因は様々「白内障」

目の奥にある水晶体が濁ってしまい、視力が低下する病気です。
原因は老化や糖尿病、ケガや他疾患の合併症など様々で、生まれつき白内障になりやすい遺伝子を持っている場合も。
痛みはありませんが、進行すればするほど視野が狭くなるため、壁や障害物にぶつかりやすくなるなどの症状が現れます。
症状の進行を抑える点眼が一般的な治療法ですが、年齢や進行度によっては人工水晶体を移植する外科手術を行うことも。

診察・検査費に1万円前後、点眼薬代として月に5000~8000円、外科手術を行う際は20~25万円が治療費の相場です。

柴犬に多い原因不明の病「乳び胸」

柴犬に多い原因不明の病「乳び胸」

何らかの原因で胸の中に「乳び」と呼ばれるリンパ液が溜まってしまい、肺が膨らまなくなる病気です。
原因としては、外傷、心疾患、腫瘍、生まれつきなどが考えられていますが、多くは確定的な原因が分かりません。
主な症状は咳や食欲不振、呼吸困難などで、乳びが胸に溜まっていくにつれて症状が悪化していきます。
主な治療法は、肺に溜まった乳びを抜き、低脂肪食や内服薬を使って乳びの貯留を防止する方法があげられます。
ただし、内科的治療だけでは再発する可能性が高いため、完治を望むのであれば外科手術を行うのが一般的でしょう。

肺に溜まった乳びを抜くには処置代として1000~3000円程度、投薬治療で1000~2000円ほどが目安です。
外科手術を行う場合は高度な医療機関に入院する必要があるため、治療費40万円以上はかかることが多いでしょう。

命に関わる「僧帽弁閉鎖不全症」

命に関わる「僧帽弁閉鎖不全症」

心臓の左心房と右心房の間にある僧帽弁が何らかの原因で閉まらなくなり、血液の一部が逆流してしまう病気です。
僧帽弁閉鎖不全症は初期ではほとんど症状がないため、飼い主が気付いた時には状態が進行していることが多いでしょう。
主に小型のシニア犬が発症しやすい傾向があり、散歩に行くのを嫌がる、運動後に舌の色が悪くなるなどの症状が現れます。
主な治療法は血管拡張剤や利尿剤などの投薬治療で、咳などの症状がある場合は気管支拡張剤などの投与を行います。

症状の進行度合いによって治療費の目安は変わりますが、おおよそ診察・検査で2万円、薬代で月に1万円前後。
呼吸困難や合併症の肺水腫などを起こして入院した場合は、10~20万円ほどの治療費がかかります。

遺伝性の病気「股関節形成不全」

遺伝性の病気「股関節形成不全」

胴体と後ろ足をつないでいる股関節がゆるいことで、歩く際に痛みを生じる病気です。
まれに後天的に起こることもありますが、ほとんどは生まれつき股関節に緩みがあったり、変形があることが原因。
3歳までに発症することが多く、ピョンピョン跳ねるように走る、歩行時にお尻が大きく揺れるなどの症状が一般的です。
特に柴犬は生まれつき股関節形成不全を患っていることが多いので、普段から注意しておきましょう。

治療費としては、診察・検査代で5000円前後、痛み止めの薬や注射に3000~5000円ほどかかることが多いです。
完治には外科手術が必要であり、入院・手術代で片足約20~40万円前後の治療費が相場です。