トイプードルがかかりやすい6つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

トイプードルがかかりやすい6つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

ふわふわの被毛と頭の良さが魅力的なトイプードル。
ここではトイプードルがかかりやすい病気と症状、一般的な治療法と治療にかかる費用について紹介します。
病気の進行具合や動物病院によって治療費は変わりますが、大体の相場感を知っておきましょう。

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザのお皿である膝蓋骨が何らかの原因で外れてしまう病気で、小型犬に多く発症します。
主な発症原因は、ソファなど高いところから飛び降りたり、膝蓋骨のはまっている溝が生まれつき浅かったりすること。
この病気はヒザに痛みや違和感を伴うため、犬は痛いほうの足をあげて生活し、あまり歩きたがらなくなります。
軽度であれば自然にはまることもありますが、一度発症するとその後何度も繰り返し起こることが多いため要注意。
主な治療法としては、関節を強化するサプリメントの服用、あるいは骨や溝を削る外科的治療が一般的です。

外科手術を行う場合の治療費相場は、手術費・入院費で片足10~40万円ほどです。

発症原因は様々「白内障」

発症原因は様々「白内障」

目の奥にある水晶体が濁ってしまい、視力が低下する病気です。
原因は老化や糖尿病、ケガや他疾患の合併症など様々で、生まれつき白内障になりやすい遺伝子を持っている場合もあります。
発症しても痛みはありませんが、進行すればするほど視野が狭くなるため、壁や障害物にぶつかりやすくなるなどの症状が現れます。
一般的な治療法は、症状の進行を抑えるための点眼ですが、年齢や進行度によっては人工の水晶体を移植する外科手術を行うことも。

診察・検査費に1万円前後、点眼薬代として月に5000~8000円、外科手術を行う場合は20~25万円が治療費の相場です。

遺伝性の疾患「進行性網膜萎縮症」

遺伝性の疾患「進行性網膜萎縮症」

網膜の異常により徐々に光を感知できなくなる病気で、発症から2年ほどで完全に視力がなくなります。
進行性網膜萎縮症は遺伝性の疾患であり、両親や親せきなど犬の血統によって発症するかどうかが決まります。
発症し始めのころは、暗い場所でモノにぶつかりやすくなる、つまづきやすくなる、動きが鈍くなるなどの症状が現れます。
進行するとしだいに明るいところでも上記の症状がみられるようになり、最終的には完全に光を失ってしまい失明にいたります。
現時点では有効な治療法が見つかっておらず、ルテインやアスタキサンチンを含むサプリメントを服用するなどの民間療法しかありません。
合併症として白内障を引き起こすことがあるため、白内障の進行を遅らせる点眼薬が処方される場合もあります。

治療費の相場は、診察・検査費で5000~7000円ほど、サプリメント代として月に5000円が目安です。

ホルモンの異常「副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)」

ホルモンの異常「副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)」

副腎皮質や脳下垂体の過形成や腫瘍が原因で、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されてしまう病気です。
ステロイドの副作用で起こることもあり、発症すると水を大量に飲むようになる、腹部がふくらむ、脱毛などの症状が現れます。
主な治療法は、ホルモン分泌を抑えるための投薬治療ですが、腫瘍が原因の場合は外科手術による切除が行われることもあります。
また、ステロイドの副作用だと明確に判明している場合は、使用量を少なくするなどの調整を行ってしばらく様子を見ます。

治療費の相場は、診察・検査費で1~7万円、薬代として月に1~2万円ほどですが、検査上2、3日入院することもあります。

けいれん発作を起こす「てんかん」

けいれん発作を起こす「てんかん」

脳の中枢神経が何らかの原因で発作を起こすことで起こる病気です。
てんかんの症状は、突然手足を硬直させて倒れた後に泡をふく、けいれんするなど劇症型のものが多いでしょう。
通常これらの症状は数分から30分以内で回復しますが、その後しばらく食欲不振になったり、不安から呼び鳴きしたりすることも。
低血糖や脳の病気が原因でもけいれんを起こすことはありますが、中枢神経以外が原因のものはてんかんではありません。
てんかんは完治ができない病気ですが、抗てんかん薬を毎日服用することで、できる限り発作を抑えることが可能です。

治療費の相場は、診察・検査で1~3万円、薬代として月に1500~6000円程度。
MRIなど最先端の検査機器を使用する場合は、もう少し費用がかかります。

小型犬に多い「流涙症」

小型犬に多い「流涙症」

被毛やゴミによって目に刺激があったり、生まれつき涙の通り道である「鼻涙管」が狭かったりすることで起こる病気です。
命にかかわる病気ではありませんが、本来でるべき量よりも多くの涙が出ることで目の周りの毛が変色してしまう原因になります。
また、目の周りが常に濡れていることになるため細菌が繁殖しやすく、皮膚炎や結膜炎など様々な病気を引き起こす可能性もあります。
主な治療法は、目の周りの毛をカットする、長時間ゴミが目にとどまらないように目薬をさす、皮膚炎の治療として抗生剤を服用する、鼻涙管の洗浄など。
ただし、食物アレルギーが原因で涙が増えている可能性もあるため、場合によってはアレルギー対策用のドッグフードに切り替えることもあります。

治療費の相場は、診察代で2000~3000円、皮膚炎や角膜炎を起こしている場合は点眼薬代として1000円ほどかかることが多いでしょう。