トイプードルがかかりやすい6つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

トイプードルがかかりやすい6つの病気。病気の症状や治療法、治療費の相場について

ふわふわの被毛が魅力的なトイプードルは、室内犬の人気ランキングで常に上位の犬種です。
ここでは、そんなトイプードルがかかりやすい病気と症状、一般的な治療法と治療にかかる費用について解説します。
病気の進行具合や動物病院によって治療費は変わりますが、大体の相場感を知っておきましょう。

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

ヒザが外れる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」

パテラは、後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿)が外れてしまい、脱臼している状態のことです。
膝蓋骨脱臼は小型犬に多く、大腿骨の溝が先天的に浅かったり、膝蓋骨を支える靱帯の力が弱いことで発症します。
軽度のうちは痛み止めやサプリなど内科的治療を行うのが一般的ですが、悪化した場合は手術が必要です。

主な症状 足をかばって歩く、跛行(足を引きずるような歩行)、内股歩きなど
治療法 鎮痛剤の投与、グルコサミンなど関節サプリの服用、レーザー治療、外科手術
治療費の相場 1~2万円程度(診察、検査、内服薬代として)※外科手術の場合は片足10~40万円程度が相場

発症原因は様々「白内障」

発症原因は様々「白内障」

遺伝や老化、外傷などが原因で目の奥にある水晶体が濁ってしまい、視力が低下する病気です。
発症しても痛みはありませんが、進行するほど視野が狭くなるため、壁や障害物にぶつかりやすくなるなどの症状が現れます。
症状の進行は点眼薬によって抑えることができますが、根治には人工水晶体の移植など外科手術が必要です。

主な症状 目が白く見える、モノにぶつかることが増える、散歩に行きたがらなくなる、物音に敏感になるなど
治療法 進行を遅らせる点眼薬の投与、外科手術(人工水晶体の移植手術、眼内レンズ挿入術)
治療費の相場 1万円程度(診察、検査代として)点眼薬代は月に5千円ほど。外科手術の場合は20~25万円程度が相場

遺伝性の疾患「進行性網膜萎縮症」

遺伝性の疾患「進行性網膜萎縮症」

網膜の異常により徐々に光を感知できなくなる病気で、発症から2年ほどで完全に視力がなくなります
進行性網膜萎縮症は遺伝性の疾患であり、両親や親せきなど犬の血統によって発症するかどうかが決まります。
有効な治療法はまだ見つかっておらず、ルテインやアスタキサンチンを含むサプリメントを服用などの民間療法が一般的です。

主な症状 モノにぶつかりやすくなる、つまづきやすくなる、動きが鈍くなる、失明、白内障など
治療法 有効な治療法はなし(ルテインやアスタキサンチンを含むサプリメントの服用、白内障の進行を遅らせる点眼)
治療費の相場 1~2万円程度(診察、検査、内服薬、サプリメント、点眼代として)

ホルモンの異常「副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)」

ホルモンの異常「副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)」

副腎皮質から「コルチゾール」というホルモンが過剰に分泌されてしまい、犬の体に悪影響が出る病気です。
主な原因は、下垂体の腫瘍化などによる副腎皮質刺激ホルモンの過剰分泌・副腎腫瘍・ステロイド剤の副作用の3つが挙げられます。
副腎皮質機能亢進症は、糖尿病など様々な合併症を併発するリスクがあり、場合によっては命に関わることもあります。

主な症状 多飲多尿、お腹の膨れ、左右対称性の脱毛、皮膚の黒ずみ、呼吸が早い、動きが鈍くなるなど
治療法 ホルモン分泌を抑える薬を投与、ステロイド剤の中止、外科手術による腫瘍の切除(副腎や脳下垂体の腫瘍が原因の場合)
治療費の相場 月に1~2万円程度(診察、検査、内服薬代として)※入院を伴う場合は最大7万円程度、外科手術は15~25万円程度が相場

けいれん発作を起こす「てんかん」

けいれん発作を起こす「てんかん」

何らかの原因で脳の中枢神経に発作が起こる病気で、痙攣や意識障害がみられます。
低血糖や脳疾患でもけいれんを起こすことはありますが、中枢神経以外が原因のものはてんかんではありません
てんかんは完治が難しい病気のため、抗てんかん薬を毎日服用することで、発作を最小限に抑えます。

主な症状 けいれん発作、突然手足を硬直させて倒れた後に泡をふく、口をくちゃくちゃさせる、全身が脱力するなど
治療法 利尿剤やステロイド剤の投与、脳脊髄液を抜く処置、チューブを用いて脳脊髄液を腹部に移す外科手術
治療費の相場 1~3万円程度(診察、検査、内服薬代として)

小型犬に多い「流涙症・鼻涙管閉塞」

小型犬に多い「流涙症・鼻涙管閉塞」

被毛やゴミによって目に刺激があったり、涙の通り道である「鼻涙管」が狭いことで発症する病気です。
命にかかわる病気ではありませんが、通常より多くの涙が出ることで目周囲の毛が変色し、細菌が繁殖しやすくなります
鼻涙管が完全に閉塞している場合には、全身麻酔下で涙管に細い管を通し、内部を洗浄することもあります。

主な症状 目周囲の被毛が変色する(涙やけ)、細菌感染による皮膚炎など
治療法 目周囲の被毛カット、定期的な点眼、抗生剤の投与、鼻涙管の洗浄、療法食治療
治療費の相場 3千円程度(診察、検査、処置、点眼薬代として)

異変を感じた時はすぐに動物病院に相談しよう

異変を感じた時はすぐに動物病院に相談しよう

トイプードルは目の疾患にかかりやすいため、こまめな健康チェックが必要です。
遺伝性の病気は完治が難しいものも多いですが、早期発見・早期治療は病気の進行を抑えることにつながります。
もし愛犬の様子がおかしいな?と感じたら、できるだけ早く動物病院を受診するようにしましょう。