ゴールデンレトリバーにトリミングは必要?ゴールデンレトリバーの飼い方に関する基礎知識と注意点

ゴールデンレトリバーにトリミングは必要?ゴールデンレトリバーの飼い方に関する基礎知識と注意点

ゴールデンレトリバーは、ゴージャスな長い被毛と優しい表情が魅力の犬種です。
もともとは鳥猟犬として活躍していた犬ですが、現在はペットとしても高い人気を誇っていますよね。
今回は、ゴールデンレトリバーの性格や特徴、飼い方のポイントや注意点について解説します。

性格は賢く穏やか。人にも犬にもフレンドリー

性格は賢く穏やか。人にも犬にもフレンドリー

ゴールデンレトリバーは賢く穏やかで、忍耐強い性格をしています。
とても愛情深い気質を持っているため、よほどのことがなければ攻撃的にはなりません
環境への順応性も高く、子犬や小さなこども相手であっても優しく接してくれることが多いでしょう。

また、ゴールデンレトリバーは飼い主の心の動きに敏感で、意思の疎通がしやすい犬種です。
犬のなかでも特に高い共感力を持っていますし、まさに人生のパートナーといえますね。

学習能力が高いので、しつけもスムーズ

学習能力が高いので、しつけもスムーズ

ゴールデンレトリバーはとても学習能力が高く、しつけが入りやすい犬種です。
飼い主が求めている行動を把握・理解する能力に長けているため、訓練しやすい犬といえるでしょう。
ゲーム感覚でしつければ、ゴールデンレトリバーのコミュニケーション欲求も満たせます。

なお、ゴールデンレトリバーは他のレトリバー種にくらべて興奮しやすい傾向があります。
悪気はなくても、他人や他の犬に飛びかかったりすれば、大きな事故につながる可能性もあるでしょう。
大きくパワーがあるため、引っ張り癖改善のトレーニングなどは本腰を入れて行ってください。

散歩は毎日、常に十分な運動量を確保して

散歩は毎日、常に十分な運動量を確保して

若くて健康なゴールデンは体力があり、豊富な運動量が必要です。
1日2回、1時間以上は散歩に連れていき、室内でも色々な遊びをしてあげるとよいでしょう。
時にはドッグランなどで思いっきり運動をさせてあげたり、キャンプに連れていってあげてもよいですね。

ゴールデンレトリバーは運動能力が高いため、アウトドアやドッグスポーツ向きの犬種です。
もともとは水鳥の回収をしていた犬種なので、川やプールなどでの水遊びも喜んでくれるでしょう。
夏場は熱中症にならないように、早朝や涼しい時間帯に出かけるようにしてください。

モノを回収したい欲求を満たしてあげよう

モノを回収したい欲求を満たしてあげよう

ゴールデンレトリバーはとても賢い犬種なので、散歩だけでは退屈してしまいます
単調な生活は問題行動につながる可能性がありますし、なにより犬の精神衛生上よくありません。
ゴールデンレトリバーは飼い主を喜ばせたいという気持ちが強い犬種ですから、ぜひ「仕事」を任せてあげましょう。
毎朝必ず新聞を持ってきてもらったりすれば、飼い主さんも助かりますよね。

※ゴールデンレトリバーは、「回収したモノを飼い主のところに運ぶ」という習性を持っています。
そのため、ボール持ってこい遊びやフリスビーなどが好きで、遊びを通しても欲求を満たすことは可能です。
習性を生かした遊びを日常に取り入れ、ゴールデンレトリバーが退屈しないようにしてあげましょう。

股関節形成不全など関節トラブルに注意

股関節形成不全など関節トラブルに注意

ゴールデンレトリバーをはじめ、大型犬は関節トラブルに注意しなければいけません。
ゴールデンレトリバーは特に股関節形成不全を起こしやすく、後肢の跛行、よろめき、ふらつきなどがみられます。
初期ではほとんど症状が現れないため、気になる様子がみられた場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

なお、関節系のトラブルは、加齢や肥満によって起こりやすくなります。
また、滑りやすいフローリングの床で生活することによって関節に負担がかかり、発症する場合もあります。
出来ればフローリングにはカーペットを敷いて、走っても滑らないような工夫をしてあげたいですね。
ゴールデンレトリバーは食欲旺盛ゆえに太りやすい犬種なので、肥満にも十分注意しましょう。

ゴールデンレトリバーには日々のブラッシングが必要

ゴールデンレトリバーには日々のブラッシングが必要

ゴールデンレトリバーの健康な被毛を維持するためには、こまめなブラッシングが欠かせません。
抜け毛をそのままにしておくと皮膚の通気性が悪くなり、様々な皮膚病を起こす可能性があるので、要注意。
汚れや臭いがこびりつかないように、週に1~2回は蒸しタオルで体を拭いてあげるとよいでしょう。

ブラッシングに使用するブラシは、どんなタイプでもかまいません。
毛がもつれているところはコームで梳かしながらスリッカーをかけ、引っ張らないように。
毛が薄い部分は先が丸いピンブラシやゴム製のラバーブラシを使うと、犬が嫌がりにくくなります。

なお、シャンプーの頻度としては、月に1~2回がベストです。
あまり頻繁にシャンプーすると必要な皮脂まで落ちてしまうため、やりすぎは禁物です。
足裏の毛は伸びていると滑って危ないので、バリカンやカットばさみで定期的にカットしてください。

ゴールデンレトリバーは大型犬初心者にもおすすめ!

ゴールデンレトリバーは大型犬初心者にもおすすめ!

ゴールデンレトリバーは穏やかで心優しく、とても愛情深い性格です。
トレーニングもそれほど難しくないため、大型犬を初めて飼う人にもおすすめの犬種です。
ただ体が大きいぶん、若いうちはパワフルなので、突然の飛びかかりや逸走には十分注意しましょう。
ぜひ、賢く愛情深いゴールデンレトリバーをお迎えして、楽しい毎日を過ごしてくださいね。

この記事と関連のある犬種