犬はさつまいも(焼き芋)を食べても大丈夫?犬にさつまいも(焼き芋)を与えるメリットと注意点

犬はさつまいも(焼き芋)を食べても大丈夫?犬にさつまいも(焼き芋)を与えるメリットと注意点

焼き芋、ふかし芋、蒸し芋など、「さつまいも」はとっても身近な食べ物です。
甘くてホクホクなさつまいもを愛犬にも味わわせてあげたい…と思うことも多いですよね?
今回はそんなさつまいも(焼き芋)の栄養や効能、愛犬に与える時の注意点を解説します。

犬はさつまいも・焼き芋を食べても大丈夫

犬はさつまいも・焼き芋を食べても大丈夫

まず初めに、さつまいも(焼き芋)は、犬に与えても良い食べ物です。
生のままで与えたり、一度にたくさん食べると消化不良を起こすことがあるので、少量を加熱して与えましょう。
なお、さつまいもの皮は与えても問題ありませんが、皮を剥いた状態で与えたほうが消化が良くなります。

ちなみに、さつまいもは70℃前後の低温でじっくり加熱すると、でんぷんが糖に変わって甘味が増します
強火で加熱したり、電子レンジを使って温めると、甘味がでにくくなってしまうので、オーブン調理などがおすすめ。
食べ物の焦げには発ガン性があるため、愛犬に焼き芋を与えるときは焦げていない部分を選ぶようにしましょう。

【さつまいものメリット】便秘解消・免疫力アップ・皮膚の健康など

【さつまいものメリット】便秘解消・免疫力アップ・皮膚の健康など

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれており、腸内の環境を整える効果が期待できます。
皮に含まれるヤラピンという成分にはお腹を緩める作用があるため、便秘改善や予防にも効果的でしょう。
さつまいもは加熱することで食物繊維の量が1.6倍増えるので、ぜひ加熱してから与えてください。

また、さつまいもには、皮膚の健康維持や免疫力の向上に効果的なビタミンCも含まれています。
ビタミンCは加熱することにより壊れてしまうのが難点ですが、さつまいもの場合は加熱しても壊れにくい
さつまいもに含まれるデンプン質の糊化によって膜が作られるため、ビタミンCが壊れるのを防いでくれるのですね。

その他、さつまいもには老化・視力の低下を予防するビタミンEやβカロテンなど、役立つ成分がたくさん。
栄養価がとても高いので、シニア犬や関節の悪い犬、運動量の多い犬、術後や病気治療後のおやつにもぴったりですね。
手作りごはんのトッピングとしても使いやすく、ダイス状に小さくカットしてあげると食べやすくなりますよ。

【注意点①】さつまいものカロリーは「132kcal/100g」糖質も高いので肥満に注意!

【注意点①】さつまいものカロリーは「132kcal/100g」糖質も高いので肥満に注意!

さつまいもは糖質やカロリーが高いため、与えすぎは肥満の原因になります。
毎日さつまいもだけをおやつに与えるのであれば、量は1日の総カロリーの20%以内を目安にしましょう。
体重や犬種、運動量によって最適な量が変わりますが、あくまでさつまいもは副食・おやつとして与えてくださいね。
さつまいものカロリーを考慮すると、小型犬は1日20gまで、大型犬では100gまでが目安です。

ちなみに、生のさつまいものカロリーは、100gあたり約132kcalです。 なお、焼き芋のカロリーは約163kcal、蒸し芋は131kcalと、調理法によって微妙に異なります。 紅あずまや安納芋など、甘味が強い品種はカロリーも高い傾向があるので、カロリー計算時には注意しましょう。

【注意点②】結石になりやすい体質の犬、腎臓病・心臓病の犬は要注意

【注意点②】結石になりやすい体質の犬、腎臓病・心臓病の犬は要注意

さつまいもには、シュウ酸カルシウム結石の原因となる「シュウ酸」が含まれています。
シュウ酸とは、ほうれん草やタケノコ、お茶などにも多く含まれている、いわゆる「アク」の成分のことです。
シュウ酸は、腎結石・尿結石のリスクを高めるため、結石症になったことのある犬は注意しましょう。

ただし、シュウ酸は水に溶けだす作用があるため、皮を剥いた状態で茹でればOKです。
そのため、結石症になりやすい体質の犬には、しっかりと茹でたさつまいもを与えるようにしましょう。
焼いたり、蒸したりするだけでは、さつまいものシュウ酸が溶け出さないので、必ず茹でてから与えてくださいね。

また、さつまいもにはカリウムが多く含まれていますが、これは腎臓病や心臓病の犬によくありません。
カリウムは犬の健康に欠かせないミネラルですが、腎臓・心臓の機能が落ちている犬では、摂取量の制限が必要です。
シュウ酸と違い、カリウムの量は調理法による変化が少ないため、念のため避けておいたほうが良いでしょう。

さつまいも(焼き芋)は犬に与えてもOK!与える量・調理法には注意しよう

さつまいも(焼き芋)は犬に与えてもOK!与える量・調理法には注意しよう

さつまいもには様々な栄養素が含まれており、犬が食べても大丈夫です。
カロリーや糖質が高いため、与えすぎには注意が必要ですが、適切な量であれば問題ありません。

ただし、愛犬の体質や持病によっては与えないほうが良いこともあるので、要注意。
愛犬にさつまいもを与える時は、愛犬にとって適切な調理法・量をよく確認してからにしましょう。

さつまいもは甘味が強く、ほとんどの犬が喜んで食べてくれやすい食材です。
栄養価が高いうえ、犬の健康に良い成分が豊富に含まれているので、特別な日のご褒美としてもおすすめ。
ぜひ、さつまいもの持つ健康効果を利用して、愛犬の元気をサポートしてあげてくださいね。