シェットランドシープドッグ

327 Views

シェットランドシープドッグ

英名 Shetland Sheepdog
愛称・別名 シェルティー
原産国 英国(スコットランド)
寿命 12歳〜14歳
サイズ 中型犬
体重 7kg〜11kg
体高 33cm〜40cm

シェットランドシープドッグの歴史

シェットランドシープドッグの歴史

「シェルティー」の愛称で親しまれているシェットランド・シープドッグは、スコットランドにあるシェットランド諸島を原産とする犬種です。
その起源は古く、同じ原産地の牧羊犬であるラフ・コリーや、ボーダー・コリーと共通であると推測され、その歴史はそのままスコットランドの牧羊犬の歴史に匹敵するといわれます。

原産であるスコットランドの中でも、シェルティーが育ってきたシェットランド諸島の自然環境は厳しく、家畜の飼料を工面するだけでも苦労する季節があるほど牧草地は狭く、家畜のサイズも小さいサイズが主となっていました。
そのため、その地域の牧羊犬として適応する形で交配が進められたシェルティーは、ラフ・コリーに非常によく似た外見を持つものの、そのサイズは1/3程度と小柄な体型をした犬種となりました。

日本でシェルティーが知名度を上げ人気となった背景には、1940年代の映画「名犬ラッシー」があります。1943年に同名の小説を映画化した「名犬ラッシー/家路」が公開されると日本でも一躍話題となり、その後も絵本やアニメにと幅広い世代へラッシーの存在は引き継がれ、現在でもその人気は健在です。
実際のラッシーのモデル犬はラフ・コリーでしたが、日本の住宅事情なども合わさり、外見はそのままサイズが小さいシェルティーは、図らずも注目を集め一大ブームの中心となりました。

一般に大型の犬種を小型化すると神経質になると言われていますが、シェルティーも類にもれず、コリーと比べると少し神経質な一面を持っており、吠える頻度も比較的高い犬種です。
そのため一時はその警戒心の強さや長い被毛の手入れの大変さから少し敬遠されるようになりましたが、近年では再度その知的さや従順さが高く評価され始め、徐々にまた飼育頭数を増やしています。

シェルティーは元々、ボーダー・コリーが現れる前までは服従トレーニング競技会のトップを常に飾るほど、知性と理解力の高さに定評がある犬種です。
犬種本来の資質を引き出すことに特別の訓練は必要なく、牧羊犬としての優れた資質は家庭犬としても有益で、日本を含め世界中の家庭で愛され、飼育されています。

シェットランドシープドッグの特徴や性格

シェットランドシープドッグの特徴や性格

シェットランド・シープドッグは大変知能が高く、飼い主に従順な性格をしています。
しかし一方で臆病、神経質な面も特徴的で、飼い主以外の人間に距離を置いたり、他の犬を過剰に拒絶することも珍しくありません。また猟犬種、使役犬特有の警戒心を見せることも多々あります。
ただし飼い主には全幅の信頼を寄せるので良好な関係を築くことが出来ます。日常生活においては敢えて他犬との交流を意識せず、飼い主と遊び、過ごすことに楽しみを見つけることも有意義でしょう。

日ごろは大変落ち着いた様子を見せますが、散歩中に不意に関心を引かれるものを見つけると突然走り出す、強く引っ張ることもあるので、しっかりとリードをコントロールするよう心掛けましょう。
ブラッシングやシャンプーを嫌がり噛みつくこともあるので、子犬の頃から日常的なお手入れには慣れさせ、受け入れるよう教えることも大切です。

シェットランドシープドッグの飼い方

シェットランドシープドッグの飼い方

シェットランド・シープドッグのしつけには叱る、叩く、脅かす行為は厳禁です。
精神面が大変繊細なので、このような行為をとることで飼い主への不信感を募らせ、日々の生活で距離を置くようになってしまいます。

しつけには言葉で「良い」「悪い」を伝え、正解の行動をした際には多いに誉めることが最も効果的です。失敗した行為やイタズラに対しては強く叱るのではなく、無視をして指導を行います。
もともと食への執着が薄い場合が多く、おやつへの関心が薄い事も珍しくありません。そのためおやつを用いたしつけにこだわらず、それぞれの性格に応じて接し方を考えましょう。

運動量は朝夕の散歩に加え、ドッグランでの全力運動も必要です。元来は狩猟や牧羊を担ってきた犬種なので豊富で緩急のある運動を好みます。
運動不足が長引くと、ストレスから噛みつきや無駄吠えなどの問題行動が目立つようになりますので注意しましょう。

被毛は寒さをしのぐ短い綿毛と表面の長い被毛との二重構造をしています。そのため抜け毛の量も多く、毎日のブラッシングが欠かせません。カットは特別必要ないため、自宅でのシャンプーで対応可能です。

シェットランドシープドッグの毛色

シェットランドシープドッグの毛色

シェットランド・シープドッグの毛色は白地に茶色の模様が入ったセーブルと、白色に黒地の模様が入ったトライカラーの2タイプが存在します。
日本ではテレビや映画の影響も強く、セーブルの人気が高い傾向にあります。

いずれの毛色も顔の中央に入った白い模様が特徴的で、バランスが良い分量で白色が入っていることでドッグショーでは高く評価されます。

シェットランドシープドッグの気をつけたい病気や怪我は?

シェットランドシープドッグの気をつけたい病気や怪我は?

シェットランド・シープドッグは先天性の理由から「てんかん発作」の発症を起こすことがあります。この病気は事前の検査で発見することが難しい上に、治療法が確立されていないという問題があり、痙攣や失神など異変に気が付いた時は早期に動物病院の受診が必要となります。

コリーアイと呼ばれるこの犬種特有の眼病の発症、高齢期の癌の発症も増加傾向にあり、高齢期には定期的な健康診断を心がけておくと安心です。
自宅での出産や子世代を希望している場合は、あらかじめ動物病院で検査を受け、遺伝性疾患の有無を確認することも必要です。

またシェットランド・シープドッグを含む、ボーダー・コリー、ビアデッド・コリーなどのコリー系犬種は、主にフィラリアの予防薬に使用される「イベルメクチン」という成分が体質に合わず、危険とされています。
フィラリアの予防薬は他にも「ミルベマイシンオキシム」や「モキシデクチン」という2種類が存在します。
医師によってはイベルメクチンを処方してしまう場合もあるため、毎年の予防時にはこの点を獣医師と確認し、万全を期すと安心です。

シェットランドシープドッグと関連のある犬種