アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

アジリティーとは、飼い主と犬がペアになって行う障害物競争のこと。
数あるドッグスポーツのなかで1番人気がある種目で、例年多くの愛犬家たちが参加します。
今回は、そんなアジリティーの練習に必要な道具やトレーニング方法、おすすめの体験施設をご紹介します。
ぜひアジリティーに挑戦して、愛犬との暮らしをもっと楽しんでみませんか?

アジリティー競技会は誰でも参加できる

アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

競技会というと、なんだか簡単には参加できないようなイメージがありますよね。
プロしか出れないと思いがちなアジリティー競技会ですが、基本的には誰でも参加が可能です。
血統書や紹介状がなくても全く問題はありませんので、安心してくださいね。

とはいえ、主催している団体によっては事前に会員登録が必要になる場合もあります。
日本国内でもっとも有名な競技会はJKCが主催しており、こちらはJKC会員のみが参加できます。
イベントに参加するための手続きや参加資格は主催団体によって違うため、事前にチェックしておきましょう。

まずは基本的なしつけをしっかり教えよう

アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

誰でも参加できるアジリティーですが、もちろん最低限のしつけ・マナーは必要です。
飼い主の指示に従ってハードルを飛び越える、トンネルをくぐる、シーソーに乗ってゆっくり降りる。
これらのトレーニングは、「こい」「すわれ」など基本的なしつけが入っている前提で行うもの
アジリティーはリードを外して行う競技ですから、しつけの出来ていない犬を参加させてはいけません
競技会には見学の飼い主さんや犬たちも多いため、思わぬトラブルを招く可能性があります。

初めはおやつを使ってトレーニング

アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

愛犬にアジリティーの楽しさを教えるためには、おやつを使うのが1番!
ハードルやトンネルなど馴染みのないものに慣れさせるためにも、おやつを有効に使いましょう
アジリティーのコースには、ハードル、タイヤ、ポール、ウォール(壁)など様々な障害物が置いてあります。
それぞれの障害物を指示通りの動きでクリアするためには、怖がらせないことが大切なポイントです。

まずはおやつを使って障害物まで誘導し、近くまできたらおおげさに褒めながらおやつを与えましょう。
例えばトンネルなら、トンネルの入り口まで来れた時点でおやつを与えるようなイメージですね。
その後はトンネルの中に入れたらおやつ、最後までくぐれたらおやつ、など徐々に段階をあげていきます
大好きなおやつを使いながら犬のモチベーションを上げ、「訓練=楽しい」と覚えさせましょう。

アジリティーに必要な道具って?

アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

アジリティーに必要な道具はこれといってありません。
アジリティーで使う障害物は主催側が用意するため、首輪・リード・持ち運び用キャリーがあればOK
トイレに困らないよう、トイレシートやうんち袋などのエチケットアイテムは必ず持っていきましょう
会場で愛犬が落ち着かない場合に備えて、大好きなおやつを持参してもいいですね。
愛犬とのアジリティーを思いっきり楽しめるように、人の多い場所に行き慣れておくことをおすすめします。

【都内】アジリティー体験ができる施設3選

アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

ここからはアジリティーが楽しめる3つの施設を紹介します。
どれも東京都内にある施設なので、比較的アクセスしやすいのが大きなメリット。
興味のある施設が見つかったら、公式HPをチェックしたり、詳細について問い合わせてみましょう。

無料の見学もできる「E’JAPAN DOG TRAINING」

E’JAPAN DOG TRAININGでは、無料のアジリティー見学会を行っています。
これまでアジリティーをやったことがないという人でも、気軽に行きやすいのが嬉しいですね。
講師はアジリティーの大会で入賞経験があるプロなので、本格的にアジリティーを学びたい人もおすすめです。

住所 埼玉県日高市駒寺野新田86-2
電話番号 090-3214-1052
公式サイト https://isaka0.wixsite.com/edashjapan

しつけ教室でアジリティーにチャレンジ「犬のしつけ教室 DOGLY」

犬のしつけ教室DOGLYでは、犬のしつけと一緒にアジリティーのレッスンも行っています。
レベルに合わせたコースがそれぞれ用意されているので、初心者から上級者まで楽しめますよ。
まずはしつけ教室でしっかりと指示を聞き分けられるようにし、次のステップでアジリティーに挑戦しましょう!

住所 東京都台東区根岸3-1-10 アルス鷲谷1階
電話番号 03-6458-1483
公式サイト https://dogly.jp/

競技会常連のインストラクターが在籍する「ドッグスポーツクラブ Rock’n Wolf」

Rock’n Wolfでは、アジリティー競技会常連のインストラクターが運営しているクラブです。
アジリティー初心者から上級者まで幅広いペアがトレーニングに励んでおり、お試し体験も可能。
アジリティーの基本である服従トレーニングも受けることができるので、しつけの一環としてもおすすめです。
※以前は「Team Phoenix」という名前で運営していましたが、令和元年より名前が変更されました。

住所 東京都あきる野市雨間1934-1
電話番号 090-3504-8402 (代表:三浦美紀)
公式サイト https://www.dogagility-rocknwolf.com/

アジリティーを始めて愛犬と楽しいスポーツライフを!

アジリティーはどんな犬種でも楽しめる!練習に必要な道具やおすすめの体験施設をご紹介

いかがでしたでしょうか。体験教室を通じてドッグスポーツの基本であるトレーニングも一緒に学び、愛犬と楽しいスポーツライフを過ごしてみましょう!

また国内最大規模の競技会を行うJKCでは、一部の訓練所を公認訓練所としています。
アジリティー用具が設置されている訓練所は少ないですが、訓練レベルはJKCのお墨付きです。
手続きさえ踏めば一般人でも利用することができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

【一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)公認訓練所】
https://www.jkc.or.jp/modules/licenses/index.php?content_id=13