イタリアングレーハウンド(イタグレ)がかかりやすい6つの病気や怪我。病気の症状や治療法、治療費の相場について

イタリアングレーハウンド(イタグレ)がかかりやすい6つの病気や怪我。病気の症状や治療法、治療費の相場について

スレンダーで優雅な容姿を持つイタリアングレーハウンドは、ヨーロッパ貴族の間で愛されていた犬種です。
長い首、まっすぐで長い足など、イタリアングレーハウンドの魅力はたくさんあります。
ここでは、そんなイタリアングレーハウンドがかかりやすい病気と症状、一般的な治療法や治療費について説明します。
病気の進行具合や動物病院によって治療費は変わりますが、ぜひ大体の相場観を知るために役立ててくださいね。

転倒や落下の衝撃で起こる「骨折」

転倒や落下の衝撃で起こる「骨折」

イタリアングレーハウンドは四肢の骨が非常に細いため、骨折リスクの高い犬種といえます。
転倒や落下、高いところからジャンプした衝撃で、簡単に折れてしまうことも珍しくありません。
また、イタリアングレーハウンドは筋肉や皮下脂肪が薄く、癒合不全を起こしやすい犬種としても知られています。
骨折の主な医療法としては、ギプスなどで患部を固定したり、外科手術でピンやプレートを取り付けたりします。
骨折の種類や部位によって適切な治療法は変わりますが、イタリアングレーハウンドの場合は外科手術でしっかりとプレートを固定する方法を取ることが多いでしょう。

治療費の目安としては、診察・検査・投薬代で1~2万円程度、ギプス固定を行った場合は3~5万円、外科手術では10~40万円ほどかかります。

早期治療が回復のカギ「網膜剥離」

早期治療が回復のカギ「網膜剥離」

網膜剥離は、眼底の脈絡膜に付着しているはずの網膜が、網膜色素上皮から剥がれる病気です。
イタリアングレーハウンドは眼球内の「硝子体」という部位が変性を起こしやすく、網膜剥離になりやすい犬種といわれています。
症状としては、よくモノにぶつかる、鼻を使ってうろうろ歩く、まぶしそうに瞬きを繰り返すなどがありますが、初期ではほとんど症状はみられません。
網膜剥離の主な治療法は、消炎剤や利尿剤を投与してはく離部分の再接着を促したり、レーザー治療を行います。

治療費の目安としては、診察・検査・投薬代で1~3万円程度、レーザー治療を行う場合は10~20万円ほどかかることもあるでしょう。

様々な発症原因がある「白内障」

様々な発症原因がある「白内障」

白内障は、目の奥にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
原因は遺伝、老化、外傷や他疾患の合併症など様々なものがあり、進行するほど視野が狭くなります。
主な症状としては、目が白く見える、ものにぶつかることが増えたなど。
一般的な治療法としては点眼薬で進行を抑えることですが、場合によっては人工水晶体を移植するなどの外科手術を行う可能性もあります。

治療費は、診察・検査費で1万円前後、点眼薬代として月に5,000~8,000円、外科手術を行う場合は20~25万円程度かかります。

短期間で失明のおそれも「緑内障」

短期間で失明のおそれも「緑内障」

緑内障とは、眼球内を満たしている房水(ぼうすい)という液体が多すぎて、眼球内の圧力が高くなってしまう病気のことです。
緑内障は主に、遺伝や目の中の腫瘍、白内障や網膜剥離、ブドウ膜炎などが原因で引き起こされます。
症状は、目の痛み、瞳孔が大きくなる、瞬きが多い、白目が赤く見えるなどで、眼圧が高い状態が続くと目が飛び出してしまったり、短期間で失明してしまう可能性もあります。
慢性的な緑内障の治療では、主に点眼薬を使用しますが、急性の緑内障では点眼の他、眼圧を下げる点滴やレーザー治療などを行うこともあるでしょう。

治療費の目安としては、診察・検査・点眼代で1~2万円程度、レーザーなどの外科的治療では10~20万円ほどかかる場合もあります。

皮膚バリアの弱さによる炎症「皮膚炎」

皮膚バリアの弱さによる炎症「皮膚炎」

イタリアングレーハウンドは皮膚が非常に薄く、様々な皮膚炎を起こしやすい犬種です。
ひとくちに皮膚炎といっても、細菌性のものや真菌性(カビ)のもの、ノミダニなど外部寄生虫が原因で起こるものなど様々ですが、イタリアングレーハウンドのように短毛で皮膚が弱い犬種の場合、皮膚のバリア機能が落ちることで炎症が起こりやすくなります
なお、皮膚病の種類によって症状は異なりますが、基本的には皮膚の痒み、痛み、湿疹、脱毛などを起こすことが多いでしょう。
イタリアングレーハウンドは寒い時期になると、耳の付け根が切れて炎症を起こしやすいので、注意してあげてくださいね。

左右対称の脱毛がみられる「パターン脱毛症」

左右対称の脱毛がみられる「パターン脱毛症」

左右対称の脱毛がみられるパターン脱毛症は、イタリアングレーハウンドが先天的に起こしやすいとされている病気です。
その正確な脱毛のメカニズムはまだ解明されていませんが、脱毛以外に目立った症状はありません。
毛は年単位で徐々に薄くなっていき、イタリアングレーハウンドの場合は特に耳介部が脱毛しやすいといわれています。
治療としては、成長ホルモンの一種である松果体ホルモンを投与するのが一般的ですが、反応には個体差があります。

治療費の目安としては、診察・検査・投薬代で1~3万円程度。様々な検査を行い、他の皮膚病の可能性が否定された場合にパターン脱毛症と診断されるケースが多いでしょう。

違和感を感じたら、すぐに動物病院を受診すること

違和感を感じたら、すぐに動物病院を受診すること

イタリアングレーハウンドは、まるで古代エジプトの壁画から抜け出てきたような見た目の犬種です。
引き締まったスレンダーなボディはとても魅力的ですが、そのぶん骨折リスクが高かったり、皮膚炎にかかりやすいといった側面も。
イタリアングレーハウンドをお迎えする時には、十分な住環境をしっかりと準備してからにしてくださいね。
もし愛犬の様子に異変を感じた時は、できるだけ早く動物病院を受診するようにしましょう。

この記事と関連のある犬種