フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの違いって?鼻ぺちゃ犬の特徴とケア方法

フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの違いって?鼻ぺちゃ犬の特徴とケア方法

公開日:/最終更新日:

いつの時代も根強い人気を誇る、ぶさかわ犬。
しわしわの顔や鼻ぺちゃの顔立ちなど、決して端正でスマートではない見た目が愛らしいと人気ですよね。
今回は、ぶさかわ犬の中でも特に人気の犬種「フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグ」の違いについて解説します。

フランス原産「フレンチブルドッグ」

フランス原産「フレンチブルドッグ」

フレンチブルドッグは、どっしりした胸板とガニ股ぎみの手足が特徴的なフランスの犬種です。
国内の犬種登録数TOP10に入るほど人気が高く、老若男女問わず愛されているフレンチブルドッグ。
穏やかで無駄吠えすることもほとんどなく、小さい子供や他の動物とも仲良くできるので、どんな家庭にも向いています。

名前からも分かる通り、フレンチブルドッグは闘犬として活躍した犬「ブルドッグ」の血を引いています。
小さな体ながら筋肉質な体つきをしていて、意外と力が強いというのもフレンチブルドッグの特徴といえますね。

アメリカ原産「ボストンテリア」

アメリカ原産「ボストンテリア」

ボストンテリアは、まるでタキシードを着ているような被毛が特徴的なアメリカの犬種です。
フレンチブルドッグと同じく、ブルドッグの血を引いていることから、全身はガッシリした筋肉に覆われています。
明るく活発で誰に対してもフレンドリーに接することができるので、小さな子供の良き遊び相手となってくれるでしょう。

一方、ボストンテリアにはやや頑固で繊細な一面もあります
基本的には飼い主に忠実で賢い犬ですが、しつけと社会化は子犬の時期からしっかり行いましょう。

中国原産「パグ」

中国原産「パグ」

パグは、短い鼻に大きな目、コミカルな動きと表情が可愛らしい中国の犬種です。
犬種としては紀元前400年から存在していたといわれており、古くから中国では愛玩犬として親しまれてきました。
愛情深く遊び好き、愛嬌たっぷりな性格の持ち主なので、家庭のムードメーカー的存在になってくれますよ。

パグは愛情をかければかけるほど、飼い主に忠実な犬になります。
反面、頑固な気質も持ち合わせているので、しつけをする時は一貫した態度で接するようにしましょう。

フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの違いを一挙紹介!

フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの違いを一挙紹介!

ここからは、フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの違いを細かく説明していきます。
パッとみは同じように思えるかもしれませんが、実はよく観察すると全然違った特徴があるんですよ。

フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの顔の違い

顔の違い

フレンチブルドッグ 四角い顔で鼻が短く、頬の皮膚が垂れている
ボストンテリア フレンチブルドッグよりも小顔でスマートな印象
パグ 鼻は短く目が大きい。おでこにも深いシワがある

耳の違い

フレンチブルドッグ 大きくて先が丸い立耳
ボストンテリア 大きくて先の尖った立耳
パグ 小さいたれ耳

体高・体重の違い

フレンチブルドッグ 成犬時の体高24~35cm、体重9~14kg
ボストンテリア 成犬時の体高28~38cm、体重7~11kg
パグ 成犬時の体高25~28cm、体重6~8kg
フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグの体格の違い

体格の違い

フレンチブルドッグ どっしりした短足。手足の間が広い
ボストンテリア すらりとした手足とスマートな体つき
パグ ムチムチ。手足の間が広い
フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグのしっぽの違い

しっぽの違い

フレンチブルドッグ ほとんどない
ボストンテリア とても短いが、フレンチブルドッグよりは長い
パグ 豚のようにくるっと丸まっている

カラーバリエーションの違い

フレンチブルドッグ フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム、ハニーパイド
ボストンテリア ブリンドル、ブラック、シール(どれもホワイトが入る)
パグ シルバー、フォーン、アプリコット、ブラック

性格の違い

フレンチブルドッグ 穏やかで明るく、のんびりしたマイペース
ボストンテリア 基本は明るく遊び好き。繊細な面も
パグ 明るく人懐っこい。やや頑固

平均寿命の違い

フレンチブルドッグ 10~12歳
ボストンテリア 13~15歳
パグ 12~15歳

3犬種ともシワの間のケアは必須!

3犬種ともシワの間のケアは必須!

3犬種共通のチャームポイントといえば、深く折り込まれた顔のシワ。
シワの間が蒸れやすく汚れが溜まりやすいので、放っておくと細菌が繁殖し、皮膚炎や悪臭を起こします。
チャームポイントが原因で皮膚炎を起こすことがないよう、週に1度程度はケアをしてあげましょう。

シワの間をケアする際は、蒸しタオルのように濡らした柔らかい布を使います。
けっしてゴシゴシこすらずに、シワの流れに沿って優しく汚れを拭き取っていきましょう。
細かい部分は濡らした綿棒を使ってケアしてあげると、まんべんなく汚れを落とすことができますよ。
シワの間に水分が残らないように、最後は乾いた布でしっかりと拭き取ってあげてくださいね。

みんな違ってみんな可愛い

みんな違ってみんな可愛い

混同されがちな鼻ぺちゃ犬ですが、それぞれの特徴をみると意外と違うことが分かりますよね。
体つきや顔、性格やカラーバリエーションなど、フレンチブルドッグ・ボストンテリア・パグはそれぞれ違った特徴があります。
どの犬種も魅力たっぷりな犬種ですし、3犬種の違いを覚えておくと今後なにかの約に立つかもしれません。